バンコクにあるワニ園「クロコダイルファーム」がカオスすぎたので紹介してみる

クロコダイルファーム 旅行情報

今回はタイ・バンコクにヤバ過ぎる動物園「サムットプラカーン クロコダイルファーム&ズー」を紹介します。

スポンサーリンク

サムットプラカーン クロコダイル ファーム&ズー

クロコダイルファーム

タイ・バンコク市内から30キロほど離れた所にある動物園です。

ガイドブックに載っていないのであまり知られていないですが、知る人ぞ知るまさに穴場の観光スポットです。

僕は今年の春、この動物園に行ってきたんですけど、ここ、とにかくヤバ過ぎました。

何がそんなにヤバイのかって…

もうここ、なんでもありの無法地帯なんですよね(笑)

ゾウに乗れたり、実銃が撃てたり、恐竜博物館があったり、園内の動物ほぼ全てにエサやり可能だったりと日本では考えられないぐらいカオスな動物園です。

  • 住所:555 Moo 7 Taiban Road, Amphur Muang, Samutprakarn
  • 営業時間:8:00~18:00
  • 入場料:300バーツ
スポンサーリンク

クロコダイルファームへの行き方

市内からだと508番のバスかタクシーでいけますがタクシーが無難だと思います。タクシーの相場はだいたい200~250バーツくらいです。

車で行くとバンコク市内から車で約40分くらいかかります。(結構ここまでの道を知らないタクシー運転手も居るので注意)

スポンサーリンク

どことなくヤバイ雰囲気が漂う園内…

園内はガラガラで所々に謎の置物や建物があって全体的に昭和の雰囲気でした。この謎の雰囲気がこの動物園のカオスさを醸し出していると言っても過言では無いでしょう。

レストランに謎のおっさんのオブジェ

謎のオブジェ

意味がわからなねぇ・・・

怖すぎるマネキン達

マネキン達

園内に無造作にあるマネキン達。夜見たら間違いなく泣きます。

園内にお寺?

大仏

あれ? ここ動物園ですよね?

スポンサーリンク

ワニ以外にも様々な動物がいる

クロコダイルファームというだけあってこの動物園メインとなっているのはワニなのですが、それ以外も実は様々な動物達が居ます。

めっちゃ狭い檻にいたトラ

トラ

暑そうにしてました。

人間の格好をさせられたチンパンジー

チンパンジー

服を着させられたチンパンジー。鎖で繋がれてます。

子供チンパンジー

このチンパンジーはめちゃくちゃ暴れてました。

タイと言えばゾウ

ゾウ

ゾウさん達。50バーツ払えば背中に乗れます。

プールで涼むクマ

クマ

私服の表情で気持ちよさそう…

カバは元気そう

カバ

カバは普通にしてました。

ワニはそこらじゅうにうじゃうじゃ

ワニ

動物園の目玉のワニは、そこらじゅうにうじゃうじゃいました。

ワニアップ

しかも触れるくらいの距離感です。

スポンサーリンク

金が飛び交うクロコダイルショー

中国人客

この動物園の目玉はなんといってもワニの口に頭や手を突っ込むことが有名のクロコダイルショー。

二人組のタイ人が漫才風に面白おかしくワニをからかうと、観客がそれを見て「最高!」とばかりにおひねりを池の中に投げ込むといった、お金が飛び交う汚いショーです。

観光客はほぼ中国人でショーのアナウンスも中国語です。

ショー2

飼育員。この2人がその辺のワニを捕まえて、

ショー3

口を開けて

ショー4

口の中に頭をスポッ。そしておひねりが飛んでくる。

このショーはエンターテイメントとしては面白かったんですけど、格闘していたワニは一方的に棒で叩かれたり、尻尾を掴まれてぶん投げられたりと、かなりぞんざいに扱われていてました。

僕は動物愛好家でもなんでもありませんが、ちょっとこの部分は見ていて不快感を感じましたね。

スポンサーリンク

まとめ

こういうとあれですけど、この施設は動物園の闇の部分がモロに出てます。

エンターテイメントとして割り切ればかなり楽しめると思うんですが、上記の通り、動物が好きな方は結構見ていて辛いかもしれません。

でも、見どころはかなりありますし、料金もかなり安いので動物園としてのコスパはかなり良いと思います。

気になる方はバンコクに行った際、一度行ってみてはいかかでしょうか。

サムットプラカーン クロコダイル ファーム & ズー

旅行情報
スポンサーリンク
この記事をシェアしてみる!
新卒を捨てて行った3年間のワーキングホリデーの全記録
筆者スマ助が実際に経験した3年間のワーキングホリデーをそれぞれ1年ごとに分けてまとめてみました。良い部分も悪い部分も包み隠さずリアルに書いてみましたので、これからワーホリに行く方はぜひ参考にしてみてください。
スマ活ライフfor海外

コメント