一人暮らしの光熱費の節約術は無駄!安くしたいなら電力・ガス会社を見直そう!

一人暮らしの光熱費の節約 光熱費

一人暮らしでの光熱費の節約というと、「電気をこまめに消す」や、「ガスをあまり使わないようにする」などのこまめな節約をつい考えがちですが、実際はこういった節約術よりも、電力・ガス会社を別会社に変更した方が圧倒的にお得です。

この記事では、こまめな節約術が無駄な理由や、会社変更にあたっての契約手順、オススメの電力・ガス会社などをまとめて解説していきます。

現在、「光熱費が高くて悩んでいる」「光熱費の効果的な節約方法が知りたい」という方はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

一人暮らしのこまめな節約術が無駄な3つの理由

路上のゴミ箱

もちろん、省エネや細かい節約といった意味では、一人暮らしにおける「こまめな節約術」は効果的です。

しかし、「一人暮らしでの光熱費を根本から見直す」という観点で考えた場合、こういった節約術は、以下の3つの理由からあまりオススメとは言えません。

節約術でお得になる金額はごくわずか

そもそも「電気をこまめに消す」「ガスの使用を控える」といったレベルでは、いくら気をつけていようと節約できる金額は微々たるものです。

「普段から日常的に電気を使いまくっているような方がパッタリ電気の使用を辞める」、というのなら話は別ですが、そうで無い普通の方が節約を心がけても、思っているほどの節約にはまずならないでしょう。

節約を継続的に行うのは精神的にストレス

日常的に節約を継続するというのは、正直言って精神的にかなりのストレスです。

「毎日の節約ノルマ」「節約のルール」をきっちり守りながら生活を送っていくのは言わずもがな大変&きついですし、節約を意識するあまり、「◯◯を使わなかったらいくら節約できるか」など、細かなことまでも気するようになってしまいます。

時間や体力を消耗してしまいがち

節約を心がけすぎると、「エアコンをつけない」「ガスは弱火を保つ」といった、時間や体に負担がかかってしまうような節約までもついついやりがちです。

まめな節約は大事ですが、こういった大切な時間や体力までも無駄に消費して行う節約は、費用対効果の面で見ると非常に非効率です。

スポンサーリンク

光熱費の節約は電力・ガス会社を見直す方が効果的!

電力会社

一人暮らしで電気・ガスの光熱費を抑えたいのなら、こまめな節約や契約プランの変更よりも、「契約している電力・ガス会社自体を見直して毎月の基本料金を抑える」方が断然オススメです。

これまで電気・ガスは、東京電力や東京ガスなどの地域ごとの会社でしか契約することが出来ませんでした。

しかし、法改正によって2016年に電力、2017年には都市ガスが自由化され、現在ではケータイ会社のように自由に会社を選択することができます。

さらに、電力・ガス会社の乗り換えには以下のようなメリットもありますので、現在の料金よりも少しでも安くなるなら、節約術に取り組む前にまず率先してやっておくべきと言えるでしょう。

  • 会社を変えても電気・ガスの質は変わらない
  • 会社を乗り換えるだけで年間2,000円~10,000円を節約可能
  • カードのポイントや特典が毎月貰える
  • 提携するサービスとセットで割引になる
スポンサーリンク

電力・ガス会社を乗り換える際の手続きの流れ

「でも電力・ガス会社の乗り換えってなんか手続きが大変そう…」と思う方もいるかもしれませんが、実際の手続きは下記のように非常にシンプルです。

電力会社を切り替える際の手順

  1. 新たに契約する電力会社を選んで申し込む
  2. 電力会社に契約切り替え手続きをしてもらう
  3. 手続き完了

電力会社を切り替える際の手続きは、基本的には新しく契約する会社を選んで申し込むだけです。

現在の電力会社の検針票と、支払い用のクレジットカードさえ用意しておけば、契約の手続きは5分程度で全て完了。

また、変更にあたって現在契約している電力会社の解約なども一切行う必要はありません。

ガス会社を切り替える際の手順

  1. 新たに契約するガス会社を選んで申し込む
  2. ガス会社に契約切り替え手続きをしてもらう
  3. 手続き完了

ガス会社の切り替えに関しても電力会社の手続きと同様、ガスの検針票クレジットカードを事前に用意してネットから申し込みを行えば、5分程度で手続きは全て完了します。

こちらについても、変更にあたって現在のガス会社の解約手続きや工事を行う必要はありません。

スポンサーリンク

一人暮らしの電気代節約にオススメの電力会社

新電力会社は数多くありますが、その中でも特にイチオシは以下の2つです。

とにかく料金を安く抑えるなら「Loopでんき」

ループでんき

とにかく電気料金を安く抑えたいという方には「Loopでんき」が最もオススメです。

Loopでんきは、数ある新電力会社の中でも珍しい、「基本料金0円」を取り入れているので、月々に支払う電気代は単純に使用した分のみ。

基本料金が一切かからず、料金は使った分に応じて決まるので、単純にLoopでんきに乗り換えただけでも、基本料金がある現在の電力会社よりも確実に安くなります。

また、専用の会員ページやアプリから月々の電気使用量や電気代をチェックすることができるので、節約を意識する方にとってもメリットが豊富です。

  • 基本料金が0円で毎月の支払いは使った分だけ
  • 会員ページ・アプリから使用した電気量や電気代をチェックできる
  • 解約・違約金が0円

関東圏在住で電気使用量が多い人は「ENEOSでんき」

エネオスでんき

「東京・神奈川・埼玉などの関東圏住んでいて、月々の電気使用量が多い」という方には、「エネオスでんき」がオススメです。

ENEOSでんきは、月の電気使用量が多ければ多いほど料金がお得になるのが特徴で、現在の電力会社で月5,500円以上を支払っている方であれば、ENEOSでんきへの乗り換で年間2,000円以上を節約することができます。

また、電気を使うごとに提携のクレジットカード(エポス・ビューカードなど)や、Tポイントカードのポイントが貯まったり、ENEOSカードで契約した場合は給油割引があったりなど、豊富な特典があるのも魅力です。

  • 月の電気料金が多ければ多いほど(月5,500円以上)料金がお得になる
  • 提携するクレジットカードのポイントやTポイントが貯まる
  • ENEOSカードを使えばガソリン代が割引
スポンサーリンク

一人暮らしのガス代節約にオススメの都市ガス会社

一人暮らしで都市ガスを使っているには方は、以下のガス会社がイチオシですね。

関東圏で都市ガスを使っているなら「レモンガス」

レモンガス

関東圏に在住かつ都市ガスを使っている方には、「レモンガス」がオススメ。

レモンガスは、他の都市ガス(東京ガス、ニチガス)と比較しても基本料金が安いのが特徴で、東京ガスと比較した場合は約5%ほど料金が安くなります。

他社のガス会社だと、ガス使用量が少ない場合は東京ガスより割高になってしまうケースもありますが、レモンガスの場合はガスの使用量は一切関係なしに東京ガスよりも安い料金になっているので、乗り換えるだけで気軽にガス代を節約できます。

  • 東京ガスと比べて料金が約5%お得になる
  • 解約違約金が0円
  • 電気や宅配水などのセット割引などがある
スポンサーリンク

まとめ

最後に今回のポイントをもう一度おさらいしましょう。

  • 光熱費はこまめな節約よりも電力・ガス会社を見直すべし
  • 会社変更をしても電気・ガスの質は全く同じ
  • 会社の乗り換え手続きはネット申し込みだけで工事などは不要
  • 会社を乗り換えるだけでも年2,000円以上節約できる
  • クレジットカード等のポイントも貯まる

電力・ガス会社の乗り換えは、いずれもネット申し込みだけで簡単に済ますことができます。

一度手続きさえしてしまえば、あとは特に何も気にすることなく光熱費を節約できるので、節約を考えているならやらない手はありません。

毎月の光熱費が気になっているという方は、ぜひ電力・ガス会社の見直し・変更を検討してみてくださいね。

コメント