一人暮らしの節約には楽天カードが最適!メリット・デメリットを解説!

楽天カードのメリット・デメリットまとめ クレジットカード
スポンサーリンク

入力費・年会費が無料のクレジットカードの中でも、使いやすさやポイントの還元率など、節約にオススメのカードと言えばズバリ「楽天カード」です。

この記事では、そんな楽天カードのメリット・デメリットなどの詳細から、節約にオススメの方法や申込みの流れなどについてまとめて解説していきますので、

  • 無料クレジットカードでどれを作るか迷っている
  • 2,3枚目のクレジットカードをどれにするかで迷っている

といった方はぜひチェックしてみてください。

スマ助
スマ助

特にクレジットカードを一枚も持っていないのであれば、楽天カードを作らない理由はないです。

楽天カードの概要

楽天カード

入会・年会費永久無料
申込条件18歳以上(高校生不可)
国際ブランドVISA・MASTER・JCB
ポイント還元率1~15%(100円=1ポイント)
ETCカード有料(540円)
家族カードあり
引き落とし日月末締め翌月27日払い

楽天カードのメリット

クレジットカード

楽天カードは、ざっくり言って以下のようなメリットがあるカードです。

  • 入会金・年会費が永久無料
  • 審査が通りやすい
  • 作成するだけでポイントが貰える
  • 楽天のサービスを使うほどポイントが貯まる
  • VISA・MASTER・JCBの3ブランドを選べる
  • 海外旅行保険・障害保険が無料で付く

入会金・年会費が永久無料

楽天カードの最大のメリットは、なんといっても入会金・年会費がずっと無料だというところでしょう。

仮にカードを発行してから全く使わなかったとしても、維持費などのお金は一切かからないので、作成や維持に関してのデメリットは皆無です。

審査が通りやすい

楽天カードはクレジットカードの中でも比較的審査が通りやすいことで知られています。

明確な審査基準自体は公開されていないですが、基本的には「18歳以上で収入がある方」であれば審査に通る可能性が高いです。(※もちろん100%ではありません)

なので、今まで他の会社で審査に落ちてクレジットカードが発行しまったという方でも、楽天カードなら作成ができるかもしれません。

スマ助
スマ助

とりあえず不安な方は、まず一度申請をしてみるのをオススメします。

作成するだけでポイントが貰える

これも大きなメリットの1つですが、楽天カードは作成するだけで5,000~8,000ポイント(5,000~8,000円相当)を獲得することができます。

正直このポイント目当てで作るだけでもおトクと言えるくらいですね。

楽天のサービスを使うほどポイントが貯まる

ポイントアップの条件付与ポイント
通常の買い物・料金の支払い1%
楽天市場で買い物+2%
楽天ゴールド・プレミアムカードを利用+2%
楽天銀行で楽天カードの利用分を支払う+1%
楽天市場アプリで買い物+1%
楽天証券で月1回500円以上ポイント投資+1%
楽天モバイルの通話SIM利用+2%
楽天TVでNBA or パ・リーグSpecialに加入・契約更新+1%
楽天ブランドアベニューで月1回以上買い物+1%
楽天ブックス・楽天Koboの利用額が月2,000円以上+1%
楽天トラベルで対象サービス・対象期間に利用+1%
楽天ビューティで月1回1,500円の利用+1%

楽天カードは、買い物や公共料金の支払いなどで100円利用するごとに1%のポイントが付きますが、それ以外にも、楽天関連のサービスを使えば使うほど楽天市場の買い物ポイントが付くようになっています。

普通に楽天市場で買い物をするだけでも3%のポイントが付くうえ、関連サービスを全て合わせて利用した場合は、なんと最大で15%というポイント還元率にすることも可能です。

VISA・MASTER・JCBの3ブランドを選べる

クレジットカードは「VISA」「MASTER」「AMEX」などの国際ブランドがありますが、楽天カードはそ中でも特にメジャーな「VISA」、「MASTER」、「JCB」の3ブランドの中から好きなものを選ぶことができます。

クレジットカードは複数枚持つのが一般的なので、ブランドを選ぶことができれば、例えばこれから2枚目、3枚目のクレジットカードとして楽天カードを作るという場合にも、持っていないブランドを選べるという利点があります。

スマ助
スマ助

ちなみに初めてクレジットカードを作るのなら、ブランドは「VISA」が最もオススメです。

海外旅行保険・障害保険が無料で付く

保険の種類保険金額
死亡事故・事故による後遺症2000万円
怪我の治療費200万円
病気・入院時の治療費200万円
損害賠償・裁判保証2000万円
遭難時の救助や救援者費用100万円
携行品の盗難・破損20万円

実は楽天カードは海外旅行保険・障害保険なども充実しており、旅行中の事故・怪我・病気による入院費用から、万が一の際の救助費用、さらに盗難や破損にいたるまで、かなり広範囲をカバーしてくれます。

ただし、エポスカードのように、ただ持っているだけ適用される「自動付帯」ではなく、旅行代金の事前決済が条件となる「利用付帯」ベースとなっているので、その点には注意してください。

スマ助
スマ助

海外保険や補償面で選ぶならエポスカードを選びましょう

楽天カードのデメリット

メリットも多い楽天カードですが、デメリット面では以下の2点が挙げられます。

  • 見た目がダサい
  • 広告メールが多い

見た目がダサい

あくまでも個人的な感想ですが、楽天カードは見た目というかデザインが極めてダサいです(笑)

普段はネットショッピングなどで利用するのでほとんど気にならないのですが、外出先などで使う際には「デザイン的にちょっと恥ずかしい」という気分になってしまうのがデメリットですね。

スマ助
スマ助

特に小洒落たレストランなどでは、思わず出すのを躊躇してしまいますね…(笑)

広告メールが多い

これは楽天カードにかぎらず、楽天のサービス全般に言えることですが、とにかく広告メールが来る数が多いです。

楽天カードを作成する際、メールアドレスの登録が必要となるのですが、何も設定を行わない状態だと、この登録したメールアドレス宛に毎日のように広告メールが配信されてしまうので人によってはかなり鬱陶しく感じてしまうかもしれません。

スマ助
スマ助

広告メールが邪魔だという方は、オンラインで広告配信の停止設定をしておきましょう

楽天カードの申し込みから受取までの流れ

楽天カードの入会の申し込みから実際に受け取るまでの流れは以下の通りです。

  1. 楽天カード公式サイトから申し込み
  2. 入会審査
  3. 郵送で受け取り

ちなみに、申込みから受け取りまでの期間は約1週間程度となっています。

楽天カード公式サイトから申し込み

楽天カードの申込みフォーム

カードの申込みは楽天カード公式サイトの「簡単申し込み」フォームから行います。

楽天カードのフォーム記入画面

フォームに飛んだら、クレジットカードのブランド、好きなデザイン、その他名前や住所、現在の仕事などの必須項目を入力しながら、画面の案内に従って手続きを進めていきます。

楽天カードの申し込みメール

申し込みが完了すると、公式サイトから受付完了メールが届き、入会審査へ移ります。

入会審査

楽天カードの入会審査

審査完了までにはおおよそ1~2営業日程度かかるとのことですが、私の場合は申し込みを行った約8時間後には審査完了の連絡が来ていたので、人によっては1日未満で完了することもあるようです。

郵送にて受取

楽天カードの受け取り

最初に申し込みを行ってから、ちょうど1週間後には手元に届きました。

カードが手元に届いた時点で、すぐにクレジットカードを利用することが可能です。

楽天カードを使った節約のポイント

ちなみに、楽天カードを活用した節約のポイントとしては主に以下の2点があります。

  • 支払いを楽天カードに全てまとめる
  • 楽天の関連サービスを利用する

支払いを楽天カードに一本化する

毎月の費用を全て楽天カードで支払うようにすれば、それだけで毎月楽天のポイントはザクザク貯まっていきます。

特に以下のような、毎月必ず支払わなければならない固定費は、楽天カードでの支払いでまとめておきましょう。

楽天の関連サービスをできるだけ使う

また、ポイントの還元率をできるだけ上げるためにも、出来る限り楽天の関連サービスを利用するというのもポイントです。

具体的に言えば、

  • Amazonでの買い物を楽天にする
  • スマホをキャリアから楽天に変更する
  • 旅行予約には楽天トラベルを利用してみる

といったような感じですね。

スマ助
スマ助

さすがに全部のサービスを楽天に変えるのは気が乗らないかと思うので、できる範囲でOKです。

まとめ:一人暮らしなら1枚持っておいて損はない

楽天カードは無料で作れるクレジットカードの中でも比較的ポイント還元率が高く、節約にもかなりオススメできるカードの1つですので、以下のどれかに当てはまる人なら、まず作っておいて損はありません。

  • 節約のためにクレジットカードを使いたい
  • クレジットカードで面倒な支払いを一つにまとめたい
  • 入会費・年会費が完全無料のクレジットカードを作りたい
  • 楽天市場などの楽天の関連サービスをよく利用する
  • 違うブランドのクレジットカードを持ちたい

また、楽天のサービスを普段はほとんど使わないという方でも、現在なら新規の申し込みで約5,000円相当のポイントが付与されるので、作成を検討している方はキャンペーンが終わってしまう前に申し込んでおくことをオススメします。

スマ助
スマ助

ポイントを貰う目的だけで作成しても、損が全くないカードですのでキャンペーンの期間中に申込みを行っておきましょう!

コメント