ガイドブックには載っていないオーストラリアの裏観光スポット5つをひっそりと紹介

オーストラリアの奇妙な場所 旅行情報

以前、オーストラリアの観光名所をランキング形式でご紹介しましたが、今回はちょっぴり趣向を変えて、あまり知られていない変わった、裏観光名所をご紹介したいと思います。

※ただし、場所によっては危険な所もあるので行くのは自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

ちょっぴり危険なオーストラリアの裏観光スポット5選

Free Beach(ヌーディストビーチ)

ジャービス・ベイ1
ということでまずひとつ目はこれ、「ヌーディストビーチ」。

オーストラリアには数多くの綺麗なビーチがありますが、同時に数多くのヌーディストビーチが存在しています。

基本的にオーストラリアのヌーディストビーチには合法(政府公認)のものと、非合法(違法だが黙認されてる)の2種類があり、合法のビーチに関しては、行けばヌーディストビーチであることのサイン表示があります。

非合法のビーチに関しては、基本的にそういったサインが無いため、「知らずに行ったマイナーなビーチが実はヌーディストビーチだった」みたいなことも。

ちなみに合法のビーチだと、シドニーの「レイディー・ベイビーチ」、パースの「スワンボーンビーチ」などが有名です。

Nimbin(ニンビン)

ニンビンの町

ニンビンはオーストラリア東部、NSW州の山間にあるヒッピータウンです

ここは別名、「◯麻の村」として知られていて、その名の通り、町では堂々と◯麻の売買が行われています。

一応警察もいますが、ヒッピーの文化尊重の為売買については一切咎めることはありません。

よって法律的には違法にも関わらず、現地オーストラリアでは、ヒッピータウンとして大々的ガイドブックに載っていたり、町観光のツアーも出てたりなんかします。

だからといって、日本人がここへ行ってハメをハズのはもちろん日本の法律的にアウトなので、もしここに行かれる際はそのあたりをきちんと認識しておきましょう。

Toowobma(トゥーンバ)

トゥーンバの町

QLD州南部の町、「トゥーウンバ」は数多くの心霊現象が目撃されている、オーストラリア屈指の心霊スポット。

公園で青い光が見えただとか、赤いドレスの女が墓地を駆け抜けただとか、そんな話を聞きますが、その真意の程は未だ不明のままです。

ちなみに僕は2年前、ここが心霊スポットだとか全く知らずにモーテルを予約して、彼女とクリスマスを過ごしたのですが、その時は特に何も見ませんでした(笑)

 

View this post on Instagram

 

#picoftheday #toowoomba #australia por nuestra embajadora @monitaleal

Flashup Autenthic Momentsさん(@flashupwedding)がシェアした投稿 –

Coober Pedy(クーバーペディ)

クーバーペディ

火星のような風景が一面に広がっているのが「クーバーペディ」。

赤い荒野延々と続く砂漠地帯にある町で、世界最大のオパールの産地としても有名な場所です。

ちなみに、この町の地下にはオパール採掘で掘った穴を利用した「地底都市」が広がっており、住居はもちろん教会、学校、カフェ、本屋、墓地、ホテル、なんかもあるようです。

 

View this post on Instagram

 

These photos look like they’re taken from a Mad Max / Fallout crossover, but they’re actually from a town in Australia where people mostly live underground. In the central Australian desert, Coober Pedy is a mining town where the harsh environment has sparked a unique way of life. Everything from churches to pools exist underground, with residents combining mid-century ingenuity with modern accommodations (and yes, they have internet). Take a look at their homes and setups above, and marvel at the lengths people will go to to set roots down, no matter how hostile the surroundings may be. #australia #cooberpedy #architecture #architecturephotography #interiordesign #postapocalyptic #fallout #madmax #homedecor #underground #survivalist

CNETさん(@cnet)がシェアした投稿 –

ただし、この町は州都のアデレードから車で800キロ以上離れたの荒野のど真ん中にあるため、容易に行ける所ではないです。

Wycliffe Well(ワイクリフ・ウェル)

オーストラリアを縦断する高速道路、スチュアートハイウェイの道中にある町「ワイクリフ・ウェル」は、オーストラリア版「ロズウェル」といったところの、UFOが有名なオカルトの町。

UFO Captal of Australia(オーストラリアのUFO首都)と謳っているだけあって、オーストラリアでは1位、世界でも第5位のUFO目撃多発地帯です。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「オーストラリアの裏観光名所スポット」を5つ紹介しました。

少なくとも日本のガイドブックには、あまり載っていないであろうと思いますが、どこも刺激的で面白い場所ですよ!

スマ助
スマ助

ただし、何度も言いますが行くのは自己責任でお願いします(笑)

旅行情報
スポンサーリンク
この記事をシェアしてみる!
新卒を捨てて行った3年間のワーキングホリデーの全記録
筆者スマ助が実際に経験した3年間のワーキングホリデーをそれぞれ1年ごとに分けてまとめてみました。良い部分も悪い部分も包み隠さずリアルに書いてみましたので、これからワーホリに行く方はぜひ参考にしてみてください。
スマ活ライフfor海外

コメント