【ワーホリ節約術】3年間のワーキングホリデー生活で僕がいつも心がけていた節約基本原則10個

f:id:shamojioil:20160910224330j:plain

ワーキングホリデーでの海外生活は食費やら交際費などでなにかとお金がかかるもの。

僕もこれまでニュージーランド、オーストラリアと比較的物価の高い国で計3年ワーホリ生活をしてきましたが、物価の高い海外では節約が必至でした。

スポンサーリンク

私が実践していたワーホリの節約原則10個

今回は、僕がこれまでの3年のワーホリ生活に心がけていた節約の基本原則10個を公開したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

食事は基本自炊

f:id:shamojioil:20160910224500j:plain

まあこれは基本中の基本ですが、食費を抑える為、毎日自炊していました。特に物価の高い海外では日本のように気軽に外食ができないですから、いつも食材を安い時にまとめ買いしておいて、一気に作って余りは冷凍保存…って感じでいつもやってましたね。

移動にお金をかけない

f:id:shamojioil:20160910230505j:plain

何かとお金がかかる交通費。バスや電車は日本のように安くないので、僕はいつも「5キロまでなら歩く」という自分ルールを作って5キロ以内の移動は全て徒歩で済ましていました。まあこれはちょっと極端ですが、「歩いてみる」というのは健康にもいいですし、景色も楽しめるので、結構オススメです。

要らないものは即売る

f:id:shamojioil:20160910225402j:plain

要らなくなった携帯、本、ゲーム機、ポータブルスピーカーなど、使わなくなったものはすぐにネットで広告をだして出して売っていました。特に電子機器系は現地に住んでいる日本人ワーホリ達に需要が高く、すぐに売れましたね。厳密には「節約」では無いですが、ワーホリではぜひ活用したいテクニックです。

無料を最大限活用する

「無料」で手に入るものって意外と多いんですよ。

例えば僕は、教会で行われるクリスチャンの集まりにボランティアとして参加して無料でご飯を提供して貰ったり、英語教師のコミュニティクラブに行って無料の英会話レッスンを受けさせて貰ったり、現地の無料留学エージェントに行ってパソコンを借りて調べ物をしたり(会員じゃなくても利用できるとこがある)と無料で利用できるものは大体利用していました(笑)

買い物はスーパーではなく市場で行う

f:id:shamojioil:20160910225032j:plain

前述の通り食事は基本的に自炊だったので、食材をいつも買っていたんですが、買う際はスーパーではなく、いつも市場を利用していました。

基本的にスーパーよりも市場の方が安くて良い食材があるので、多少遠くても、土日などお休みの日は、市場に行って新鮮な野菜や魚を買いに行ってましたね。

慣れてくると値切りも出来るので、スーパーの半額以下で食材が手に入ったりすることも多いです。

通信費は出来る限り節約する

f:id:shamojioil:20160613022446j:plain

ネット代やスマホの通信費などの毎月かかる固定費用はワーホリメーカーの敵

ここは積極的にケチりましょう。

方法としては、ネット代込みの家に住んだり、街の無料で飛んでいるWifiを利用する、などがあります。

僕もこれまでインターネット代込みの家にしかしか住んでこなかったですし、使っていたスマホも、月30ドルのプリペイド式のプランを利用して格安で使っていました。

貰うことをためらわない

f:id:shamojioil:20160910230943j:plain

シェアメイトに食材を分けてもらったり、帰国直前の友人などから要らなくなった調味料を貰うのはワーホリをしている人が必ず一度は経験する「ワーホリあるある」だと思います。

貧乏くさいと思うかもしれませんが、醤油や、味噌などの日本の調味料は言わずもがな現地では高いので、こういった物を貰えるときは、絶対貰っておいたほうがお得です。

ご飯は大人数で食べる

外食、自炊問わず、ご飯は一人よりも大勢で食べる方が良いです。

「大勢で食べた方が美味しいから」というのはもちろんですが、それよりもなにより食費の節約になります。

ホームパーティーをするにしても人数が多いほうが一人あたりの負担額が減りますし、外食でも大勢で食べて割った方が、2~3人で飲むよりも安く済むので、なるべく大勢で食事する機会を作っていくと良いでしょう。

自然を楽しむ

f:id:shamojioil:20160616000138j:plain

友人との付き合いなどで、避けて通れない交際費も、ビーチで遊んだり、公園でピクニックしたり、近くの山でトレッキングをしたり、自然の遊びをすることによって抑えることができます。

自然相手なら基本お金はかからないですし、意外と楽しめることって沢山ありますよ。

無理はしない

f:id:shamojioil:20160910230255j:plain

とは言え、なんだかんだ言っても無理は禁物。

ずっと節約を意識し続けていると、どうしてもストレスも溜まってしまいますし、たまには無理せずに旅行に行ったり、友人とお金をつかうのもありだと思います。

節約はストレスがたまらない程度にするぐらいがちょうどいいです。

スポンサーリンク

まとめ

という感じで、以上が僕がワーホリ生活でいつも心がけていた「節約基本原則10個」です。

基本どれも現地でワーホリをされている方なら自然と行われていることかもしれませんが、これからワーホリをされるという方は事前にこれらを意識しておくと良いと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

コメント