Amazonの激安タブレット「Fire HD 8」が想像以上に良かったのでレビューします。

firehd8の2016年モデル 買い物
スポンサーリンク

私事ですが、先日Amazonで激安タブレット「Fire HD8 2016年モデル」を購入しました。

既に購入してから5日ほど経ち、大体の使用感もわかってきたので、今更ではありますが、こちらの簡単なレビューをしていきたいと思います。

ちなみに、アマゾンプライム会員になると4,000円引きで購入可能です。

Fire HD8(2016年モデル)のスペック

OSFire OS 5.3.1
解像度1280×800
CPUクアッドコア 1.3GHz
メモリー1.5GB
ストレージ内部ストレージ:16GB/32GB
外部ストレージ:microSDカード(最大200GB)
バッテリー最大12時間
無線機能デュアルバンドa/b/g/n
Bluetooth
外部端子Micro USB、イヤホンジャック
サイズ214mm×128mm×9.2mm
重量341g
価格通常:12,980円(16GB)/15,980円(32GB)
プライム会員:8,980円(16GB)/11,980円(32GB)

実価格9,000円を切る激安タブレット

Fire HD 8の魅力は、何と言っても「安さ」

16GBモデルが12980円、さらにAmazonプライム会員であればそこから4000円OFFの8980円。他のタブレットの平均価格が大体2~3万円、IPadなら4万円以上はしますから、いかにこの8980円という価格がいかに破格かがわかりますね。

しかも、ちゃんと充電器等もついてます。

f:id:shamojioil:20170107123601j:plain

ただ、やはり最近のタブレットにしてはベゼルが広かったり、裏面がマットな感じの素材だったりと、作りが若干安っぽいのは否めません…

f:id:shamojioil:20170107124759j:plain

動作はサクサク軽快

f:id:shamojioil:20170107124018j:plain

しかし、動作は意外にも快適です。値段の割にキビキビと動きます。ブラウザ閲覧も特に問題ありませんし、今のところクラッシュ等も発生していません。

また、プライムビデオや、キンドル本などのプリインストールされているアプリに関しては、自分が普段使ってるXperia Z5よりも早くて驚きました。

ただその反面、デフォルトでAndroidアプリをインストール出来ないなどのFire OS独自の機能制限があるため、人によってはその辺りが不自由に感じるかもしれません。

 画面の反射は若干気になる…

その他、難点を挙げるとすれば、「画面の反射」

液晶の視野角が結構狭く、めちゃくちゃ画面が反射します。なので野外で使う場合などはノングレアの保護フィルムを貼るなどの対策が必要になるかもです。

まとめ:プライム会員ならマストバイアイテム

とは言え、総合的に見ればやはりこの価格でここまでいろいろと出来るタブレットは他にないでしょう。

さらにプライム会員であれば、Kindle本が毎月一冊無料、プライムビデオ見放題、など、所有しているだけでもいろいろな恩恵が受けられるので、買ってみてまず損はないタブレットと言えると思います。

ちなみに一つ下のグレードの「Fire」であれば8980円、プライム会員なら破格の4,980円で買うことができますので、入門編としてはこちらもオススメです。

Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 8GB
Amazon
¥ 5,980(2018/09/14 10:53時点)

以上、「激安タブレット、Fire HD8(2016年モデル)」のレビューでした。

コメント