【2018年】ワーキングホリデーの持ち物リストと実際に活躍した便利グッズまとめ

経験者が教えるワーホリの持ち物リスト ワーキングホリデー

ワーホリに行く際は日本から何を持っていけばいいかで悩みますよね。

私も今慣れましたが、初めてワーキングホリデーに行った際は何を持っていけばいいのかよくわからず、とりあえず必要そうな物をスーツケースに目一杯詰め込んだ記憶があります(笑)

そこで今回は、これまで私のワーホリ経験をもとにワーキングホリデーで必要な物のリストや、実際に持っていった中で現地で役立った物、役立たなかった物などをまとめて紹介してきたいと思います。

なお、ワーホリの詳しい手続きなどについては、「ワーホリの準備とやることリスト」の記事で紹介しています。

スマ助
スマ助

ワーキングホリデーでの持ち物に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください

スポンサーリンク

大半のものは現地で購入できる

ネット上で調べると、「あれを持っていけ!」「これを持っていけ!」などといろいろと書いてある記事も見かけますが、ハッキリ言うと調味料、衣服、日用品などの大半の物はほとんど現地でも購入可能です。

特にワーホリの場合は、衣服などのかさばるものを持っていくとスーツケースを圧迫し、飛行機や現地での移動が大変になるので、持っていくものはできるだけ必要最低限にしておくということが大切です。

スマ助
スマ助

荷物が少ないと不安になるかもしれませんが、荷物はなるべく減らせるだけ減らしておきましょう

スポンサーリンク

ワーキングホリデー(ワーホリ)で必要な物リスト

というわけで、なるべく現地で購入可能なもの除いた、筆者のオススメするワーホリで本当に必要な持ち物リストを紹介していきましょう。

以下の持ち物なら、手荷物+スーツケースを全て合わせても合計で15キロ程度に抑えることができます(※男性の場合)

スマ助
スマ助

目安としてスーツケースは重くても15~10キロ以下。LCCで行く場合は7KG以下を目指しましょう

ワーキングホリデーでの必需品

持ち物重要度備考
パスポート&コピー★★★★★有効期限が1年以上あるか確認しておきましょう
航空券の控え★★★★★Eチケットだけでも済みますが念の為
クレジットカード★★★★★本人証明や口座開設などに必須。
無料で作るなら保険付きのエポスカードがオススメです
ワーキングホリデービザの写し★★★★★パスポートに情報が紐付いているので基本的には不要ですが念の為
海外保険の書類★★★★★海外保険の書類も印刷して持っておきましょう
現金★★★★★3万円程度持っておけば十分です
国際運転免許証★★★★☆海外で運転するなら必須
日本の運転免許証★★★★☆国際免許証を持っていく場合は必要です

ワーキングホリデーに行く際に必ず必要になる持ち物です。

忘れると入国時にトラブルが起きたり、現地での生活に支障をきたす可能性があるので、上で挙げた物は必ず持っていくようにしましょう。

衣類・カバン

持ち物重要度備考
タオル★★★☆☆3枚程度で十分
下着★★★★★3~4日分くらいあれば十分
ヒートテック★★★★☆2~3着くらいあると重宝します
ジャージ・部屋着★★★★☆2着分あれば楽になります
Tシャツ★★★☆☆お気に入りを数着分のみ持っていきましょう
ズボン★★★☆☆2着分で十分です
シャツ★★★☆☆あっても3着分で十分事足ります
ダウンジャケット★★★★★防寒用に最低1着は必要です
ウインドブレーカー★★★★☆ちょっとした上着やスポーツ用として
スポーツシューズ★★★☆☆せいぜいランニングシューズ1つで十分
リュックサック★★★★☆お出かけ用として持っていくと便利

衣類・カバン・靴などで最低限持っていくべき物リストです。

服や靴は本当にかさばるので、本当にお気に入りの服以外は基本的には現地調達で済ませるようにしましょう。

電子機器

持ち物重要度備考
シムフリースマホ★★★★★現地で生活する上ではほぼ必須のアイテムです
ノートパソコン★★★★☆仕事や勉強用として1台あればかなり助かります
充電器・ケーブル★★★★★スマホやパソコンの充電に必須
モバイルバッテリー★★★★☆外出先なども重宝するので便利です
変換プラグ★★★★★日本の電子機器を充電するのに必須
カメラ★★☆☆☆スマホで十分な方は不要です
タブレット★★☆☆☆パソコンが要らないという方はタブレットで十分

パソコンやスマホなど、現地生活で必要となる電子機器一覧です。

パソコンに関しては一昔前は必須アイテムでしたが、今はスマホやタブレットがあるので、必要な人だけ持っていくといいでしょう。

ちなみにドライヤーや、ヘアアイロンといった家電製品はコンセントの形状が異なるので、現地で売っているものを購入した方がオススメです。

日用品・医療品

持ち物重要度備考
常備薬★★★★★風邪薬などは現地で購入可能ですが、念の為日本から愛用する薬を持っていきましょう
南京錠★★★☆☆ユースホステルなどに泊まった際のセキュリティとして
マルチツール★★★★☆栓抜きや簡単なナイフとしても使えるので便利
圧縮袋★★★★☆衣類などをスーツケースに入れる際に役立ちます
洗濯ネット★★★☆☆海外の洗濯機は日本のものよりも強力です
参考書★★☆☆☆勉強用に。かさばるので電子書籍化しておくと便利
旅行用セット★★★☆☆歯ブラシやシャンプーなどは基本現地で購入することになるので、旅行用セットが1個あれば十分です
化粧品★★★★☆女性用。種類は少ないが日本の化粧品も現地で入手可能

日用品や医療品は、一部の物以外はほとんど現地で入手可能です。

なので、飲み慣れた薬や、普段から使っている化粧品などのどうしても必要になるというものだけ日本から持っていくのがオススメです。

スポンサーリンク

ワーホリ中に実際に活躍した持ち物10個

ここからは、実際に私が3年間のワーキングホリデーの中で特に役立ったと思うアイテム10個を紹介します。

スマ助
スマ助

男性目線の物が多めですが、ぜひチェックしてみてください

海外変換プラグ

世界中の国のコンセントの形を日本仕様に変換してくれる便利グッズ。

これ一個を持っていれば、他の変換プラグをいちいち買わずとも世界中のほぼ全てのコンセントが使えるようになるのでワーホリ中や、海外旅行の際には重宝しました。

速乾タオル

体を拭くのはもちろん、洗濯物の脱水まで可能な万能タオル。

「速乾」というだけあって、乾くスピードも普通のタオルの2倍以上早いので、ビーチや旅先では必須級のアイテムです。

モバイルバッテリー

外出時や旅行の際のスマホ・ゲーム機の充電に欠かすことができないアイテム。

ついついスマホを弄りすぎたり、カメラの充電をし忘れた時も、モバイルバッテリーさえあればスマホのバッテリーを気にせずに使い倒せます。

圧縮袋

袋に入れて服を圧縮する事で、服のかさが3分の1程度まで減らせるので、なるべく服を持って行きたい方にとっては必須級のアイテムです。

ちなみに圧縮袋は100均などでも売られていますが、安い物はすぐにジッパーの部分が壊れるので、多少高くとも良い物を買っておくのがオススメです。

タンブラー

ユースホテルやホームステイ先などでコップが汚れていたりする場合、自分用のタンブラーがあると助かります。

また、温かいスープを飲む際も容器代わりに使えるので、旅先でもかなり重宝するアイテムですね。

ウインドブレーカー

飛行機の機内や、ショッピングモールなど、日本と比べて海外はエアコンがガンガン効いている場所が多いので、防寒具代わりとして1枚持っていくと大活躍します。

クオリティを気にしないのであれば、ユニクロのウインドブレーカー等でも十分ですが、モンベルやノースフェイスなどのしっかりとしたウインドブレーカーの方が丈夫で、長く使えるのでオススメですね。

マルチツール

VERTEX 20徳ツールナイフケース付
中林製作所
¥ 1,036(2018/11/02 17:01時点)

ビールの栓や缶詰を開けたり、包丁代わりにナイフとして使ったり、マイナスドライバーで工作したりと、何かと使い道の多い便利アイテム。

これ自体が小さく軽く持ち運びも楽なので、スーツケースに1本入れておくとかなり役立ちます。

また、スプーンやフォークなどの食器類がまとまった7徳スプーンなどは、タンブラーと同じ用途で衛生面が気なる際の食器としても使用できます。

ノートパソコン

MacBook Air 1600/13.3 MMGF2J/A
Apple Computer
¥ 110,800(2018/11/02 15:53時点)

仕事をしたり、宿泊先を押さえたり、観光地を検索したり、勉強に使ったりと、私にとっては間違なくワーホリの必需品の1つでした。

ワーホリの場合は移動が何かと多いので、できるだけ薄くて軽いマックブックやサーフェス等のノートパソコンが理想的です。

スマ助
スマ助

ちなみに私はSurface proを愛用していました

ビーチサンダル

海外では基本的に室内も土足なので、外出先でも、室内でも気軽に履けて歩き回れるビーチサンダルは便利です。

ビーチに行く際や、ちょっとした買い物、散歩、宿泊先での部屋履き、機内でのスリッパ代わり…など、とにかく使い所が満載な上、ペラペラなので全くかさばらずにスーツケース入られるという点も優れています。

SIMフリースマホ

今はワーホリ生活での必需品と言っても過言ではないでしょう。

現地でも購入することは可能ですが、日本で買っていった方が最初から日本語が使えたり、手続きの面でも安心です。

スマ助
スマ助

今だとHUAWEIのP20などの機種がコスパに優れていい感じですね

スポンサーリンク

個人的に不要だった持ち物3個

個人的にワーホリに持っていた物の中でも不要だったと思うのは以下の3つです。

折りたたみ傘

海外だと小雨程度では傘はささないことがほとんどなので、使う機会がほとんどありませんでした。

使ったとしても、よくバス停などに置き忘れてしまうということもありましたね(笑)

電子辞書

こちらについては、スマホに入っている翻訳アプリやGoogle翻訳で十分です。

実際にワーホリ中に使ったのは数回程度だったと思います。

ガイドブック

分厚くてかさばる上、渡航前か渡航直後ぐらいしか読む機会がなかったです。

どうしても持っていくのなら、本ではなく電子書籍などで持っていくのがオススメです。

スポンサーリンク

まとめ

人によって必要な物はそれぞれ違うかと思いますが、ワーホリでの荷物はできるだけ少なくするに越したことはありません。

何度も言いますが、本当に大半の物は海外でも気軽に購入することができますし、最悪何か入れ忘れたとしても、国際便で後から送ってもらうことも可能なので、必需品以外の荷物は必要最低限にしておくことをオススメします。

スマ助
スマ助

海外にもユニクロ・ダイソー・無印良品はあるので大体の物は手に入ります(笑)

スマ助

ワーホリ、海外旅行、転職などで湯水のごとくお金を浪費した20代男。自身のこれまでの経験を活かし、このサイトではネットを活用したスマートな節約術や、旅行術、副業などに関する情報をシェアしています。

スマ助をフォローする
ワーキングホリデー
スポンサーリンク
この記事をシェアしてみる!
スマ活ライフ

コメント